ヨットとボートでHONEYな週末

アクセスカウンタ

zoom RSS 1GMのエンジンマウント損壊&ジンクやサーモ、油圧センサー諸々交換

<<   作成日時 : 2016/05/16 22:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ほんと久々のブログ投稿で、、、前の投稿は1年前のデスマスト"(-""-)"いやー心が折れた。。けどPANDORAは色々と知恵を絞ったり、工夫してなんとか夏休みのロングクルージングまでには復活して今も元気にセーリングで来てます。。てことでパンドラヨットクラブの近況は次回投稿!

で、今日はボートパークのほうのエスカルゴ(マイレディ25)の作業諸々。4月下旬ころからペラを回さない状態で海上係留していても30分おき位にビルジポンプが回るみたいとエスカルのメンバーさんから乗艇報告があって、GW休みに久々艇に行ってグランドパッキン点検。。そしたら漏れが多いこと係留状態でも2,3秒に1滴。。これではだめだと締め込んで。。その後にオイル交換して、エンジン下のドレンを清掃していたら、「なんかゴロっとした黒いゴムの塊」が3かけらほど落ちてる???

なんだべな〜??感じ的にはどうやら1GMのエンジンマウントの破片みたい。マウント4か所のチェックをしたら右舷後方がも〜ダメダメ。。

画像


これじゃーマウントとしては役立たずで、要交換。。。。マウント交換だとエンジン吊って、交換して芯出ししてとかで、業者さん依頼かな〜とか考えてネットで調べてたら。。。1か所交換ならなんとかDIYでできそうかもということで、その他のついでの要交換パーツと併せてマリンサポートに取り寄せてもらった。

<部品品番>
画像


画像


諸々の交換部品、まずはエンジンジンクから、、、オルタネータの固定ボルトを緩めてベルトを外して外側へずらして、ジンクカバーのボルト2本を外す。あれれジンクが芯しかなくなってる(;O;)

画像


画像


続いてはサーモスタット交換。サーモカバーの冷却水ホースを2本とカバーボルト2本外してカバーを外す。。サーモ本体をに抜いたらそのまま自己分解してしまった!!(*_*)  これまたオーバークールやオーバーヒートに何時なってもおかしくなかった、危ない危ない。。。

画像


画像


あとは油圧センサーがたまに動作せず、エンジン停止時も「ピー音がならないことがあった」ので、こちらは現在は動作しているものの予防交換。。WPプライヤーではさんで外して、新品センサーにシールテープを巻いてねじ込んで配線しておしまい。


でマウント交換は、こんな感じでエンジンを
画像

浮かせようかと思ったが、あまりうまく浮かずに作業5時間の悪戦苦闘!

とにかく狭くてボルトが外せない、


画像

すごっい痛み方

↓ここのボルトを変な角度でねじ込んだら山なめてしまったり
画像


でスーパービバホームへ2度にわたって工具やボルト類の買い出しなんぞをして
なめた山のところは反対側からヘキサのボルトをねじ込んでフランジナットで固定して一段落・・・
画像


あらかじめ交換前のものをノギス測定した高さにレベル調整して、
画像


画像


16時過ぎになんとか交換完了。

画像


ついでにグランドパッキンを1本追加して締め込んで、シャフトのブレや異音確認を含めての試験航行へと出航。
とりあえずシャフトの漏れも適量で、ブレや異常振動もなく、とりあえず懸案だったマウント交換諸々は完了!!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
1GMのエンジンマウント損壊&ジンクやサーモ、油圧センサー諸々交換 ヨットとボートでHONEYな週末/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる